婚活 女性 年収

最近では男性も女性の年収をチェックする傾向があるって知っていましたか?

最近では男性も女性の年収をチェックする傾向があるって知っていましたか?

 

婚活の際、女性は男性の年収を意識するとはよく言われていることです。

 

ですが、最近では男性も女性の年収をチェックする傾向があるって知っていましたか?

 

実は男性も女性の年収をチェックしているんです。

 

これはどういう意味があるのか、そしてどういうふうにうまくアピールすればいいのかというと、実はかなり意味合いが違ってきます。

 

女性の年収が最近婚活で重要視されている理由とは?

 

・代表的な理由は「収入がちゃんとあるかどうか?」

 

これまで、婚活では男性は相手の経済力を重視する傾向は少ないとされてきました。

 

相談所やパーティなどでも収入は問われない女子が少なくなかったものです。

 

ところが、最近ではこの傾向は薄くなってきています。実は男性もまた、相手の経済力をチェックしているんですよ。

 

この時、重要なのは「相手に収入がちゃんとあるかどうか?」ということなんです。

 

これは男性の本音として「専業主婦をさせることができない」「結婚しても共働き希望」という考えがあるためです。

 

今は共働き夫婦がほとんどですから、相手の収入はある程度重視せざるを得ません。

 

 

とはいえ、そんなに多くなくていいんです

 

収入についての意見は、実は人によってもかなり違いがあります。

 

とある統計調査によると、約半数の人が「相手の収入は期待するが、いくらなのかということは問わない」というパターンです。

 

このような人の場合、相手が定職について安定した収入を得ている、もしくは相手に稼ぐ能力やスキルがある、ということを確認しているのですね。

 

 

また、男性でも「300万円以上あるといい」という回答も多くなっています。

 

これは「せめてパートくらいはしてね」ということや「自分の生活費やお小遣いくらいは稼いで」という本音が見えてくるのかもしれません。

 

その一方で「あまりに高すぎると仕事命で家事をしてくれなさそう」という意見も。

 

このため、経済力があること、そして安定して稼いでいることは今の時代ではプラスになります。

 

ある程度稼いでいることはプラスになりやすいのです。少なくても良いという考えが多いので、それとなく正直に伝えるというのがいいでしょう。

 

 

・相手の収入を期待する人もいる!

 

また、少数派ではありますが、男性でも相手に高収入を求める場合があります。

 

パートナーに高収入を期待する男性の場合「高収入の人でリッチな専業主夫をする!」という考えの人もいますが、中には「経済力があるとそれだけ仕事のスキルや地頭の良さがある」と見る男性もいるのです。

 

また、世帯収入をいくら以上にしたいからこのくらいの収入の人を、という男性もいます。

 

この場合、相手が期待するところがどこかを見極める必要があります。

 

相手が「収入がある人のところでリッチな生活を」と思っているのか、それとも人として良さそうだから経済力を一つの目安と見ているのかは最低限チェックしておきたいところでしょう。

 

また、相手が専業主夫になっても良い・なってもらいたいと考える高収入女子の場合、専業主夫になりたい人向けのパーティーに行くのが手っ取り早い場合も。

 

開催数は少ないのですが、一つの方法として覚えておいてください。

 

⇒女性無料の婚活アプリランキングはコチラから